Sunday, August 30, 2009

巾着 Pouches

先週の水曜日にSeikoさんが8月に作った巾着を見せてくれました。
Last Wednesday Seiko showed me two pouches she had finished.

赤と紫という強烈な色の組み合わせがステッチで可愛らしく変身しています。刺繍すると表情が一変するのがクレージーキルトの妙でしょうか。彼女の作品にはクレージーキルトの原点を見るような魅力があります。
When I saw the naked blocks,I was very interested how she would manage the strong colour combination of red and purple. But as you see, it has been resulted with seam stitches very nicely. Her work remains a classic air of CQ.



キルト芯を入れて仕上げてあって、旅行のときに時計やアクセサリーを入れておくのにいい感じです。
She said this would be a jewelry pouch when travelling.



これは最初のものより少し大きくて、18センチ角くらいでしょうか。



裏は表とがらりと表情が違います。Seiko さんと私は出身が同郷なのですが、弘前の扇ねぶたの送り絵の感じです。



私も刺激されて巾着に仕上げました。ブロックが大きいので底にマチをつけました。
So inspired by her work I have completed the two blocks of DYOB into a pouch too.



2 comments:

Ann Flowers said...

WOW WOW, your pouches turned out so gorgeous. They are fantastic. Your blocks turned out to be such good pouch material:):):)

Ati. said...

Very pretty, all of them :)