Wednesday, February 08, 2017

"I Capture the Castle"

今年仕上げるつもりの未完成品にはまったく手つかずにいますが、今日はちょっと別の話題です。
二三日前、ある記事を見て私のことを思い出したと言って、イギリスの友人から珍しくメールが来ました。

My friend emailed me from England about this page because he knows I am a Japanese translater of  Dodie Smith's "I Capture the Castle".

ドディー・スミスの作品は日本では『101匹ワンちゃん』以外あまり知られていないと思いますがイギリスでは有名な劇作家でもあり、発行以来版を重ねる青春小説の作者でもあります。そして実はその本は私が日本語に訳しました。『カサンドラの城』のタイトルで朔北社から出ています。

これは昨年作った布本の『カサンドラの城』です。クレイジーキルトというより基本的にはリバティのプリントにヴィンテージのポスターを合わせていろいろくっつけた、コラージュの作品と言っていいと思います。ページは綴じずに簡単に布のホルダーに収めました。裏に小説の各場面のセリフや描写の短い引用を貼り付けてあります。

Here's another book of  "I Capture the Castle" I made last summer of not paper but fabric.
Each page is collaged with vintage poster, liberty print and other embellishments. On each backside of page there's a quotation of the scene from original book.

                                                   


                                                                 

                                                               







                             











Sunday, January 22, 2017

What I would like to complete this year? 今年は何を?

昨年は久しぶりの教室展のために未完成品を少しでも終わらせたいと、年の初めから考えていました。さて今年は?

たいていのものごとは予定どおりに進まないものです。どうなるかわかりませんが、アールヌーボーRRから始めようと思います。私の使ったプリントはアールヌーボではなく日本・京都のアールデコのアーティスト小林かいちのものでしたが。

Here are six blocks of Art Nouveau DYB RR in 2010, though I used prints by Japanese Art Decor artist Kaich Kobayashi then. I would like to finish my own embellishment for last one and assemble them all. It'll be my first work in this year.

This is last naked block  for me.
                                                          
                                                                    
 
Leslie's work.
                                                                                 

Margreet's work.
                                                                                 

Ritva's work.
                                                                                 

Cathy K's work.
                                                                                

Gerry K's work.
                                                                                

 
 

 
 

 

 



              

Wednesday, January 11, 2017

Gipsy Garden Collection

これはクレイジーキルトの要素は入っていない刺繍作品です。ネット上でとても好きなフランスの刺繍家の方からデザインとパターンを購入したのが4年前、けっこう集中的に6枚は頑張ったのですが中だるみが来て、9枚中3枚だけ手つかずでいたのをやはり昨年、えーィとばかりに終わらせました。

This is a Gipsy Garden Collection Quilt. I worked on 3 blocks left and aseembled all the blocks and borders.

                



            

If you are interested in, you can visit her page from my links on rightside bar.  I love her work so much. I am sure you would love it too!



Sunday, January 08, 2017

Another finished UFO from 2016

                                                         



昨年やっと仕上げたもう一つの作品をご紹介します。始めたのが何年であったかよく覚えていないのですが、その頃入っていたクレージーキルトのグループで、その年のチャレンジ(課題)がありました。一枚のブロックの上に、普段の自分とは違う色遣い、曲線の布接ぎ、レイヤードのシ―ムステッチ、風景、クモの巣、鳥、キラキラ感、立体的な刺しゅう等など、毎月の課題が与えられていて、それを盛り込んだクレージーキルトの作品を作るというものでした。震災の前でしたから2010年頃かもしれません。震災でいろんなことが変わり、ゆっくり仕事を楽しむという余裕がなくなって、このやりかけた作品も、毎年思い出したように箱から取り出してはまた引っ込めるの繰り返しで何年も過ぎました。でも昨年、絶対終わらせる決心で残っていた課題にとりかかり、夏に完成したものです。

Here's another finished UFO from last year. I don't remember the exact year when I started this block. I think it was before the quake in 2011. In CQI group we were given yearly challenge. There were monthly tasks; curving seams, using velvet, layered seamstithes, landscape, spider web, bird, dimenshional embroidery, glitzs, etc.
I was very happy finishing this bell-pull last summer.


                                 



Saturday, January 07, 2017

Wallhanging of Encrusted DYB RR

                                                 

先日のブロックは私自身が刺しゅうした最後の一枚でした。一緒にラウンドロビンをした他の5人のそれぞれのブロックと一緒に繋いで作った壁かけの写真です。長い時間がかかりましたが出来上がった作品に自分でも満足しています。

Here is a completed wallhanging of 6 blocks all together. Other members were Rita, Margreet, Barbara, Kristie and Ritva besides me. All of their works are beautiful. Thank you very much to all ladies!


Rita's block

                                       


Margreet' block

       
Kriste's block

                               
                                  

Barbara's block

                             


Ritva's block


                             

                                             



Monday, January 02, 2017

Happy New Year

あけましておめでとうございます。今年がみなさまにとって良い一年になりますように。

        
           


三年前、思いがけずグラニーズというカフェギャラリーを開いてからすべてが忙しくなり、ゆっくり針をもつ時間を見つけられなくなっていました。でもようやく店の方も形が整い、自分の落ち着きも取り戻しつつあります。しばらくネットから遠ざかっていましたが、今年は少しずつネット上にも復帰したいと考えています。グラニーズの日々の様子はこちらからお伝えしてゆきたいと思います。

   http://kitayon.blogspot.jp/

写真は昨年仕上げた、2012年 Encrusted RR の自分のブロックです。2016年は久しぶりに未完成だった何点かの作品を仕上げ、教室展もしました。

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Tuesday, May 19, 2015

レスリー・エールリッヒの思い出 Thanks to Leslie Ehrlich, though it's a bit late

                 

一か月以上前になりますが4月9日、レスリー・エールリッヒの訃報が届きました。それは突然のことで、聞いた誰もが耳を疑いました。
2007年レスリーの誘いを受けて2011年まで、私は彼女と、カナダのケリーとニュージーランドのジョーと5年の間、CQI(Crazy Quilting International)というYahooのグループの運営委員の一員でした。ネット上であれほど親密に、グループとクレイジーキルトの将来に希望をもって4人で働いた日々は大きな思い出です。

April 9th, the news that Leslie had passed away came to me. We, Leslie herself, Kerry from Canada, Jo from New Zealand and me were workng as moderators of CQI (Crazy Quilting of International) from 2007 to 2011 together. While then we were working very hard and sharing much time chattering everyday.

2011年初めジョーは自国ニュージーランドにおける未就学児童教育のボランティア活動のためにチームを退き、私は私で日本で3月の地震と津波、原発事故の災害に遭遇し、それへの支援に力を注ぐことになりました。レスリーはアメリカから支援のプロジェクト ”Hearts and Hands for Sendai” を立ち上げ、秋にはそのキルトを日本に送り出してくれました。しかし、ほとんど時を同じくしてある事情からCQIを退くことになりました。

レスリーの死は大きな悲しみです。2月から3月にかけて彼女が精力を傾けてくれたHearts and Hands for Sendai のキルト展をようやくこの地元仙台で開催し、約14万円余の収益を得たところでした。私は彼女の労に報いることができたのでしょうか?

I felt so sad I couldn't find any word. It's a big loss. I know a golden and happy time never continues forever. Leslie started and worked hard for the project of "Heart and Hand Project for Sendai" after the quake. I've raised to donate 140,000 yen since then. Leslie, how much I appreciate your support for us here in Japan. I wish you a peaceful rest. I would like to say many thanks from my bottom of heart.

彼女とは沢山のラウンドロビンや企画を一緒にしました。小林かいちの涙にくれて去りゆく女性の後姿がレズリーに重なります。