Thursday, June 21, 2007

イギリスの五月の花 May Flowers in England

今回の旅行で楽しみにしていた一つは、いつもこのブログのお客様で日本刺繍をしているキャロルさんに会うことでした。バッキンガムから車で30分のところに住んでいるので、着いたその日に宿まで来て、近くの古い茅葺のレストランに連れて行ってくれました。バッキンガムから娘のいるノッティンガムに移動するときにはご主人のジョンの車で送り届けてもらいましたし、本当に感謝感激、楽しい時間を過ごしました。
It was a big sansation I met Carol in England. She is doing a Japanese embroidery and a frequent visitor to this blog. She lives very close to Buckingham so we had arranged to see. She invited me to a very nice country pub restrant in the evening I arrived there. Even she and her husband drove me from Buckingham to Nottingham when I moved to see my daughter. Carol, thank you very much for your warm hospitality. Please send my best regards to your handsome John.

彼女がイギリスの花についてこういうことを言っていました。「三月は水仙やカウスリップの黄色、四月は桜やリンゴの花のピンク、五月はサンザシやシャスターデージー、クイーンアンズレースの白、六月はバラが咲いてカラフルに美しいけれど、私は五月の白が一番好き」と。
She told me how she loved the beautiful country view. She said March is a yellow month with Cowslips and daffodils. April is pink with cherry and apple blossoms. And her most favorite May is white with Mayflower, dasies, Queen Ann's lace and etc. June would be more colouful with roses.

外国に行って楽しいのは日本では見たことのない、名前も知らない花があふれるように咲いているのに出会うことです。
I took some photos of flowers I haven't seen here in Japan. I even don't know their names. If someone teach me, I would be very happy.
(Mock Orange Blossom)



バラはわかりますが、他の花はわかりません。
I know this is rose.


花の作りは額アジサイに似ていましたが?



Climbing Hydrangea






ノイバラでしょうか。
Sweetbrier?

ライラックのようですが?
Lilac?



Ceanothus (California Lilac)

これがキングサリ?



Laburnum

栗の木の種類だと思うのですが?



a red flowered Horse Chestnut

これもノイバラ?
Hawthorn blossom?


hawthorne






日本の五月とは景色が違います。気候も土質ももしかしたら水質も、やっぱり風土が違うのだと思います。ちなみに今、宮脇昭さんという方の「木を植えよ!」(新潮選書)という本を読んでいるのですが、”森”にはその国本来の自然に添う形があり、日本の森は元々、照葉樹林であり、人工的に針葉樹林を増やしても、”森”を作ったことにはならないのだそうです。面白いのでご一読をお勧めします。
In a foreign country something is in common with us and another is different in both culture and nature. I always enjoy them very much.

キャロルがコメントで花の名前を教えてくれました。種類についての私の予想はなかなか近かったと自画自賛しました。彼女のわからないものもあるそうです。英語で書き込んでおきます。コメントには説明もありますのでご興味がありましたら、どうぞ。
Carol taught me some names of flowers by comment, so I have added them. Please read her explanation on her comment. Thanks, Carol.

10 comments:

Susan said...

I can't help you with the names, as I'm not very good at that myself, but the pictures are certainly beautiful. I love the background of the picture with Carol and John. How wonderful that you got to meet them!

coral-seas said...

Dear Hideko
It was my great pleasure to meet you. As you were so close to my home, how could I resist? The picture of Jon and me, reminds me of the lovely visit we had to Newstead Abbey - somewhere I would not have know about if not for you.
I can help with some of the plants. The first looks like Mock Orange Blossom, it is beautifully scented. The next is of course a rose. The third is a Climbing Hydrangea. I can’t help with the next three. The blue flowered shrub is Ceanothus (California Lilac) it comes in a wide range of stunning blue shades. The yellow tree is Laburnum. This was very unpopular here because the seeds are poisonous but it is becoming popular again because it is so beautiful. Next is a red flowered Horse Chestnut and the last one looks like hawthorne.
CA

Hideko Ishida 石田英子 said...

Dear Carol,
Thank you very much for your help with the names of flowers. England was beautiful and we had a really wonderful time. You have to visit
Japan next time. I will welcome you then!!
Hideko

Hideko Ishida 石田英子 said...

Susan,
The backgroud of Carol and John is Newstead Abbey in Nottingham. It was Lord Byron's house. There is a Japanese Garden there but it was so cold that day we didn't want to walk around much. We missed it unfortunately. Hideko

Ulla said...

England and gardens-a good combinations
What a great travel you made
Ulla

nuinui said...

たくさんの美しい植物の画像、ありがとうございます。いつでも、どこでも、どの画像でも、イギリスの花壇は判別できるような・・、それくらい、美しくまとめられていますよね。これらの中で驚いたのは、上に登り育っていくアジサイ。バラにはこのタイプがいろいろあるけれど、アジサイにもあるなんて・・。

Hideko Ishida 石田英子 said...

イギリスは海洋のせいで気候は温暖ですが、緯度からいえば日本の樺太くらいなのですよね、たしか。基本的に雑草の種類も少ないですし、夏は九時頃まで明るいですし、蒸さないし、蚊も実に弱々しいし、庭仕事には最適な環境なのだと思います。庭仕事をする時間がたっぷりあって、しかも日本の半分の労力で美しい庭ができる、というのが私の印象なのですが。

Carmen said...

The flowers very beautiful

Anonymous said...

初めまして。
musettaと申します。

ラークライズの再放送を見てその世界に惹かれ、こちらにたどり着きました。
ぜひ、本も読んでみるつもりです。

クレージー・キルト、とっても素敵ですね。

ところで、私たちはトリオで、ジェイムズ・オズワルドの「四季のアリア」という各曲に花の名前がついた作品に取り組んでいるのですが、「Hawthorn」もよく演奏しています。
(ノイバラの次の薄紫の花でしょうか?)

又、お邪魔させてくださいませ。

Hideko Ishida 石田英子 said...

musetta 様

コメントをありがとうございます。久しぶりにこの投稿を開きましたが、お花の写真と文章が全然一致していませんね。こんな変なレイアウトで投稿してたのか我ながら唖然です。直したいのですが、何故か最近パソコンを変えてからいったん公開した投稿の編集がスムーズにできないのです。hawthorn (ノイバラ)は一番下の白い花です。

『ラークライズ』は自分ではとても好きな本です。第二部三部の後編は、今の出版業界の厳しい経済状況の中では出版してもらえそうにありませんが、せめて第一部だけでも廃版にならないうちに是非お読み下さい。

石田