Wednesday, December 12, 2007

Crazy Quilting International (CQI)

このブログへの国内からのアクセスも増えてきているようでうれしいです。今日は私の入っているオンライングループを紹介します。
 昨日久しぶりにブログ更新しましたが、実は毎月10日前の1週間位、CQI のニュースレターの編集などという仕事もしているのでちょっと忙しかったのです。昨日無事12月号を出して、ほっと一息ついています。グループのメンバーしか見れませんので、日本人の誰にも見て頂けなくて、残念です。けっこう私の作る月刊のニュースレターは評判いいのですよ。主としてはただ切り張りの作業なのですけれど。
 今度CQI の中に、初心者のためのサブグループもできました。誰か、日本人の人が入って来ないものかと、私は首を長くして待っています。
 クレージーキルトを楽しむ人が日本に増えないのは、言葉の問題だと思っています。現在の状況ではどうしても英語が必要ですので。でもクレージーキルトをやってみたかったら、CQI にどうぞ。

写真は、2年前、クレージーをやりたいと私のところに押しかけてきたKiyomiさんが、私のところで始めてすぐに作った作品です。(次作は前に紹介しました。)クレージーキルトは誰にもできるし、楽しいです。「心を開放してくれる」というのが、Kayoko さんの弁です。
クレージーキルトはこんなに楽しいのに、どうしてやる人が増えないのかなあ、といつも思っています。

3 comments:

Susan said...

Doesn't matter when they were made, they are beautiful blocks!

nuinui said...

この画像のキルト、昔、私が作った小さなハートを思い出させてくれました。この作品ほど、いろいろなステッチもなく、ほんとに・・シンプルなものですが。
 私個人としては、クレイジー・キルトに魅力を感じ、そして、制作もしたいし・・・。でも、今は、家族のために時間を費やさねばならない時・・なので、足踏みしております。小さい作品でもいいのでしょうけどね。

Hideko Ishida 石田英子 said...

私は、クレージーは楽しくするもの、と思っています。忙しいときに気晴らしになるのであればそれもよし、落ち込んだとき一時いやなことを忘れられるならそれもよし、無理にはしない方がいいです。心を遊ばせたいときに、いつでもどうぞ。手仕事は逃げてゆきません。