Saturday, November 16, 2013

Pincushions for Charity

実は来年の春、母が住んでいた古い家のあとにギャラリーカフェを開く予定で準備中です。最初は全部取り仕切ってくれる人がいて私はただ場所を提供してノホホンと時々使わせてもらえばいいはずだったのですが、何故か私が主になって頑張らなければならなくなりました。でも主導するということは自分の好きにできるということでもありますから、チャリティバザーも会場探しせずに常時開けるし、ギャラリーが空いていたらクレージーキルト展をすればいいし(アンティークのものも少しは持っていますので)、と今はその計画を楽しんでいます。私の好きな作家さんの作品展も開けるかも知れないし。たまりにたまった本を運び込んで読書コーナーを作ってもいいし、ビデオ鑑賞会や、いろんな方のお話を聞く会を持ってもいいし、ミニコンサートだってできるかもしれないし、と夢を膨らませることにしました。

そんなわけで、震災で被災した子供たちへの支援としてのあしなが基金への募金も、今後も長く続けていくつもりです。
いくつかピンクッションを作りました。

Those are my biscornu pincushions for charity. The restoration after the quake and tsunami in 2011 is very slow and we are keeping to raise fund to support for affected children by disasters. A gallery and cafe would be opend at the place I inherited from my mother next spring, so it would allow us to open a small shop where we can sell our goods. I am also very happy "Hearts and Hands for Sendai" quilts and other crazyquilts would be hang there whenever available. We are very busy with preparation for that. Thank you very much for your help, my friends!


                                    

 

 
                                    
                                      

 

2 comments:

Marilyn said...

Your pincushions are lovely Hideko. That's something I want to try soon. Good luck with your gallery and cafe. Disaster recovery takes a very long time.

Hideko Ishida 石田英子 said...

Marilyn,
Thank you very much for your kind comment. I would like to see your pincushion soon! Hideko