Sunday, December 19, 2010

暮れの片付け

普段片づけの嫌いな私ですが、さすが暮れになると少しはしないと気が咎めます。そんな中で数年前の使い残しの年賀はがきが出てきました。今さら郵便局に持っていっても換金できるわけではないし、ただ持っていても仕方ないし、眺めているうちに、「そうだ、残り糸の整理に使おう」と思いつきました。

クレージーキルトにはシームステッチやモチーフにいろんな糸を使います。色や風合いにこだわっていると、おそらく刺繍を専門にする人、縫物を専門にする人以上に、やたらと色んな種類の糸を持つことになります。高い糸や手に入りにくい糸もありますので、捨てられない性分のせいもあり、30センチ位でも残ると大体とっておきます。それを作業机の上の空き箱に投げ込んでおいて、ちょっと細い黒糸で蝶々の触角を刺したいとか、花の中心に鮮やかな黄色が欲しいというようなときにひっくり返して、ちょうどいいほんの少しの糸を探すのですが、大体は残り糸の消費量より増える量の方が多いので、こんな状態です。

Today I organized my left-over threads, using old postcards.




というわけで、一枚のはがきから、こんなふうに4枚の糸巻きを作りました。印付けも何もせずはさみで適当に切り刻んでいますので、左右いびつですが、それを気にしないのがクレージーキルターです。



たとえば紫系統の残り糸です。25番刺繍糸、5番刺繍糸、ミシンステッチ糸、絹穴糸、ヴィクトリアンシルク、手まり糸、DMCレーヨン、ウール糸、海外の段染糸、等など。



まるで私がこれまでに使った糸のサンプル帳のようです。
Don't you think those are threads samples I've been using for years?



いっぱい整理したと思ったのに、まだこんなに… 少しは減ったのでしょうか?後は年明けのお正月の仕事かなあ。

I feel I have worked so hard, but still it isn't over!

2 comments:

Maureen said...

Very industrious Hideko. Isn't organizing fun? I love it!

Cathy K said...

What a great idea, Hideko! I have been giving my leftover threads away in the CQI Super Squishies. But now I must follow your idea. Hugs, Cathy