Tuesday, May 19, 2015

レスリー・エールリッヒの思い出 Thanks to Leslie Ehrlich, though it's a bit late


2007年レスリーの誘いを受けて2011年まで、私は彼女と、カナダのケリーとニュージーランドのジョーと5年の間、CQI(Crazy Quilting International)というYahooのグループの運営委員の一員でした。ネット上であれほど親密に、グループとクレイジーキルトの将来に希望をもって4人で働いた日々は大きな思い出です。

April 9th, the news that Leslie had passed away came to me. We, Leslie herself, Kerry from Canada, Jo from New Zealand and me were workng as moderators of CQI (Crazy Quilting of International) from 2007 to 2011 together. While then we were working very hard and sharing much time chattering everyday.

2011年初めジョーは自国ニュージーランドにおける未就学児童教育のボランティア活動のためにチームを退き、私は私で日本で3月の地震と津波、原発事故の災害に遭遇し、それへの支援に力を注ぐことになりました。レスリーはアメリカから支援のプロジェクト ”Hearts and Hands for Sendai” を立ち上げ、秋にはそのキルトを日本に送り出してくれました。しかし、ほとんど時を同じくしてある事情からCQIを退くことになりました。

レスリーの死は大きな悲しみです。2月から3月にかけて彼女が精力を傾けてくれたHearts and Hands for Sendai のキルト展をようやくこの地元仙台で開催し、約14万円余の収益を得たところでした。私は彼女の労に報いることができたのでしょうか?

I felt so sad I couldn't find any word. It's a big loss. I know a golden and happy time never continues forever. Leslie started and worked hard for the project of "Heart and Hand Project for Sendai" after the quake. I've raised to donate 140,000 yen since then. Leslie, how much I appreciate your support for us here in Japan. I wish you a peaceful rest. I would like to say many thanks from my bottom of heart.